2×6パワーフレーム工法

家族の暮らしと住まいを守る、6面体ボックス構造の進化系。

ph

ミルクリークでは一般的な2×4工法に比べ、さらに強度に優れた2×6パワーフレーム工法を採用。
強度に構造材【2×6パワースタッド】高気密・高断熱・高遮熱な【ハイブリッドウォール】制震性に優れた【ハイパーダンパーユニット】を組み合わせることで、地震に抜群の強さと高い断熱性能を発揮。住まいという大切な資産と快適な家族の暮らしを、しっかりと守ります。

外力を面でとらえて揺れを抑制する6面体ボックス構造

ph

地震国日本の住宅に求められる最も重要な性能が、強固な躯体構造による優れた耐震性能です。ミルクリークは、一般的な在来工法に比べ優れた耐震性を発揮する【6面体ボックス構造】を採用。家全体を4面の壁(垂直面)と床・屋根(水平面)で構成する構造により地震や台風など外部からの力を一点に集中することなく、面全体でバランスよく吸収・分散させることで、揺れや衝撃に対して抜群の強度を発揮します。

  • ph
    面でとらえて分散する6面体ボックス構造
  • ph
    梁と柱の接合部に集中する軸組構造

高強度、高精度な2×6パワースタッド&構造用合板

ph
ph
強さの基本は高品質・高精度な規格材。

【6面体ボックス構造】を構成する基本構造材(外周壁)には厚く、強度の優れた2×6材【2×6パワースタッド】を採用することで一般的な2×4工法に比べ壁厚が1.6倍となり構造材としての曲げ強度が2.5倍、圧縮強度は1.6倍に向上、さらにフィート・インチ・モジュールならではの高密度なフレーミング(408mm間隔)、一般的な2×4工法に比べ約1.2倍~1.3倍の厚さの【構造用合板】の採用により、耐震性に優れた強固な躯体構造を実現しています。

ph
ミルクリークの構造用合板のレイアウト
  • ph
    1.厚さ12mmの外壁合板
  • ph
    2.厚さ18mmの床合板
  • ph
    3.厚さ12mmの屋根合板
  • ph
    屋根全体に構造用合板をしっかりと施工

強固なボックスを構成する高密度な構造材のレイアウトフィート・インチ・モジュール

phph
ph
左:フィート・インチ・モジュール 右:一般的な尺モジュール

ミルクリークは408mm間隔に構造材を配置する【フィート・インチ・モジュール】を採用。一般的な2×4工法(455mm間隔)に比べ、構造材の量を1割以上多く使用。さらに外周壁では、床で18.0mm、屋根・壁で12.0mmの構造用合板を採用。外力に強く、より強固な構造体を形成しています。これにより、ミルクリークの魅力である広々としたリビング・ダイニングやゆとりの吹き抜けなど開放感にあふれた大スパンの設計が可能となり、強度や耐久性の面でも理想的な工法となっています。また、フィート・インチモジュールの採用により、ゆとりの階段幅、ひとまわり広い廊下幅を確保、すべりにくい浴槽を採用するなど安全に配慮した設計となっており、緩やかで昇降がラクな階段勾配になっています。

ph
ph
ph

安全に配慮した空間 = ゆとりのある階段

階段勾配の比較

最大70%の揺れを吸収制震装置

ph

一度の大震災で建物の損壊は免れても、数年続くといわれる余震に対する備えは重要です。その都度の修繕、リフォームも暮らしを維持していく上でとても大きな負担となります。
【2×6パワーフレーム工法】では、耐震性に優れた6面体ボックス構造に、さらに最新の制震技術をプラス。住宅の内壁部分の数ヶ所に【ハイパーダンパーユニット】を設置することで、地震エネルギーを吸収・制御し、建物の揺れを 最大70%低減させます。

※ 3階建てなどのプランによって設置できない場合があります。

  • ph
    揺れを熱に変えて吸収する「高減衰ゴム」を使用した【ハイパーダンパーユニット】
  • ph
    高減衰ゴムが変形すると地震エネルギーを吸収
ph
基礎とアンカーボルトで緊結することで高い制震性能を発揮。
ph
ダンパー設置数の多い従来の制震住宅を、1階のみ4ヶ所で実現。

強固な構造駆体を支える強固な基礎構造

ph

ミルクリークでは基礎立ち上がり部分はもちろん床下全面にまで配筋を施し、厚さ160mmの土間コンクリートを打つベタ基礎を標準としています。さらに土台を支える基礎立ち上がり幅を150mmにするとともに、基礎部分の中でも強度的に劣る基礎外周部の換気口まわりについては土台と基礎の間に基礎パッキンを敷きこむ換気方式を採用。剛性の高い耐久性に優れた基礎構造を実現しています。

※ 基礎の形状・厚さ・配筋などの設計・鉄筋の形状は、計画する建物、地盤状況により異なります。また、浴室・玄関廻り・外部物入廻り・及び断熱施工を要さない外壁(ビルトインガレージ等)等の基礎部分は、気密基礎パッキン施工となります。

火災に強い木の家を実現する防火性能

ph
左:2×6パワーフレーム工法(遮断される空気の流れ) 右:軸組工法(スキ間の空気の流れ)
  • ph
    炭化層を形成し燃焼の進行を食い止め、木の中心部まで燃焼することはほとんどありません。
  • ph
    高い耐火性能を発揮するせっこうボード。12.5mm厚では約25分水蒸気を発生させます。

万一の火災発生時、内部からの延焼を阻止する構造が大切です。
ミルクリークではすべての天井や壁の内側全面に、炎がふれると熱分解を起こし水蒸気を発生させ続ける耐火性にすぐれたせっこうボードを採用。
壁内の構造木材の発火温度(約450℃)に達するまでの時間を大きく遅らせ、火災の拡大を防ぎます。上枠、頭つなぎ材等がファイアーストップ材(火災拡大防止材)として機能するため、火災が上層階や隣室に広がるのを最小限に食い止めます。

お近くの展示場や実際にお住まいのお客様の声から、ミルクリークの魅力をお確かめください。