居心地の決め手はダブルリビング 居心地の決め手はダブルリビング

<ミルクリーク・ヴィンテージ>の特徴は、ゲストを迎えるためのフォーマルリビングと、
家族が憩うためのファミリーリビング、ふたつのリビングを明確に分離した贅沢なリビング設計です。
<ミルクリーク・ヴィンテージ>の特徴は、ゲストを迎えるためのフォーマルリビングと、 家族が憩うためのファミリーリビング、ふたつのリビングを明確に分離した贅沢なリビング設計です。

キャリアを重ねるほど、自宅にビジネスパートナーを招く機会も増えてくる。一流レストランでの会食もいいが、親交の意を表すのに自宅は最も有効な場だ。

幸福感をもたらしてくれるのは、もちろん家族。楽しい記憶を紡ぎながら、人生の歓びとは何かしっかりと伝えていきたい。

TOPへ戻る

ステイタスシンボルの風格が随所に満ちる ステイタスシンボルの風格が随所に満ちる

格調の高さと家族への優しさを両立し追求する<ミルクリーク・ヴィンテージ>の世界観。
住まい全体に散りばめられた細やかな気配りこそ、ステイタスシンボルとして圧倒的に支持される正統派邸宅の誇りです。
格調の高さと家族への優しさを両立し追求する<ミルクリーク・ヴィンテージ>の世界観。 住まい全体に散りばめられた細やかな気配りこそ、ステイタスシンボルとして圧倒的に支持される正統派邸宅の誇りです。

Bracket lighting

廊下ホールや室内に優しく灯るプラケット照明を設置。装飾効果が高く、格調高いニュアンスが生まれる。

Mantelpiece

北米では格式を表すアイテムであるマントルピース。存在感あふれる大理石で設けたマントルピースをリビングの中心に。

Living Gate

フォーマルリビングの入り口には天然木のリビングゲート。直線的なケーシングがシャープな印象を与える。

Circular

開放的な玄関ホールに設けた、曲線を描くサーキュラー階段。木製の化粧手摺りが風格を添える

TOPへ戻る

200年に渡り、威風堂々たる存在感で君臨し続ける意匠 200年に渡り、威風堂々たる存在感で君臨し続ける意匠

重厚な邸宅を感じさせるシンメトリーなフォルム。玄関を中心に、左右対称に配置した縦長の窓より、
安定感のある堂々とした存在感を醸し出す、シンボリックなデザインとなっています。

TOPへ戻る

重厚感あふれる 重厚感あふれる

 

現存するジョージアン様式の典型的な住宅
George Wythe House,Williamsburg,VA 1752 © KOJI YAGI

イギリス人のアメリカ大陸東部への入植が進む18世紀初頭、本国イギリスで流行していた建築家イニゴー・ジョーンズの著書もアメリカに渡り、その建築様式に 則って建てられた住宅がアメリカにおける「ジョージアン様式」の源流となりました。その後、ヴァージニア州南部で大規模な農園住宅(プランテーションハウス)が建てられるようになると、温暖な気候に順応させた「南部ジョージアン様 式」として発展。南部地域で豊富に生産されたレンガを積み上げた、シンメトリカルで重厚感あふれるデザインが特徴です。堂々とした気品あふれるその佇まいは、成功を誇示する"ステイタスシンボル"として裕福な有産階級の人々に愛され、 今も多くの建物が当時のままの姿で残されています。

ジョージアン様式(ブリティッシュコロニアル):
18世紀前半~後半

ミルクリーク・ヴィンテージの実例をみる ミルクリーク・ヴィンテージの実例をみる

  • すべてに北米スタイルを採り入れた家

  • イングリッシュガーデンが映える洋館

  • 本物の暖炉がある重厚な家

  • アメリカの家をそのまま再現

他の商品をみる 他の商品をみる