ミルクリーク・ヴィンテージ

ジョージアン様式(ブリティッシュコロニアル):18世紀前半~後半

重厚感あふれる“ステイタスシンボル”としての外観。

現存するジョージアン様式の典型的な住宅

イギリス人のアメリカ大陸東部への入植が進む18世紀初頭、本国イギリスで流行していた建築家イニゴー・ジョーンズの著書もアメリカに渡り、その建築様式に則って建てられた住宅がアメリカにおける「ジョージアン様式」の源流となりました。その後、ヴァージニア州南部で大規模な農園住宅(プランテーションハウス)が建てられるようになると、温暖な気候に順応させた「南部ジョージアン様式」として発展。南部地域で豊富に生産されたレンガを積み上げた、シンメトリカルで重厚感あふれるデザインが特徴です。堂々とした気品あふれるその佇まいは、成功を誇示する“ステイタスシンボル”として裕福な有産階級の人々に愛され、今も多くの建物が当時のままの姿で残されています。

お近くの展示場や実際にお住まいのお客様の声から、ミルクリークの魅力をお確かめください。