住まいの用語集

2×4工法(ツーバイフォー工法)

基本構造材に断面が主に2インチ×4インチの木材を使用することからツーバイフォー工法といわれる。柱・梁ではなく、床や壁、天井の面で躯体を支えるため、広い空間を確保できるのが特徴。枠組壁工法とも呼ばれる。

ミルクリークでは、フィート・インチモジュールを用いた北米式2×4工法を採用しています。

プレーナー加工された高密度・高品質な2×4材

住まいの用語集トップ

お近くの展示場や実際にお住まいのお客様の声から、ミルクリークの魅力をお確かめください。